珍品ギャラリー

これまで当店で取り扱った、レア・アイテムの一部をご紹介いたします。

創業当初から珍品、美品を追いかけていたフラッシュバック、今となっては幻となったアイテムも数多く扱わせていただきました。
お探しの方は当店へご相談ください。

お持ちの方もぜひご相談ください!極上品、珍品に目がない当店です。
どこよりも高価で買い取りさせていただきます。
お電話、買取りフォーム、LINE等にて、お問い合わせお待ちしております。

  • Som Berthiot Flor 75mm f2.8 (L)

  • Nikkor 21mm f4 (S)

  • Leitz Lens Hood FISON Black

  • Leica M Monochrom Leitz Park

  • Leica A

  • Leica M3 Early

  • Leica IIIf Early

  • Contax IIa + Sonnar 50mm f1.5

  • Leica B Compur Dial Set

  • Nikon F Early + Nikkor 50mm f2

  • Leica M3 Black Paint

  • Canon SII + Serenar 50mm f3.5

  • Biotar 40mm f2 (Contax) Black

  • Zunow 50mm f1.1 (L) Early

  • Ofunar 50mm f1.9 (Miranda)

  • Zunow 50mm f1.1 (L) Early

  • Leica M3 Black Paint

  • Officine Galileo Ogmar 90mm f4 (L)

  • Nikkor 35mm f1.8 (L) Lens Hood

  • Angenieux 75mm f3.5 (L) Type Z3

  • Leica MP6 Black Paint 0.72

  • RE Auto-Topcor 25mm f3.5 (Exakta) Black

  • Topogon 25mm f4 (Contax)

  • Hologon 15mm f8 (M)

  • Leica M3 + Summicron 50mm f2

  • Canon 7 Black Paint + Canon 50mm f0.95

  • Nikkor 50mm f2 (L)

  • Tele-Superachromat FE 300mm f2.8 T*

  • Summicron 50mm f2 (M) Black Paint

  • Leica M3 Olive Bundeseigentum

  • Leica M1 Olive Bundeseigentum

  • Nikkor 85mm f1.5 (L)

  • Angenieux 75mm f3.5 (L) Type Z3

  • Leica M2 Black Paint

  • Nikon SP Illuminator

  • Tanack V3 + Tanar 50mm f1.9

  • FOCA Universal RC + Oplarex 50mm f1.9

  • Nikkor 21mm f4 (S)

  • Nikkor 50mm f2 (S) Black

  • Nikkor 35mm f1.8 (S) Black Paint

  • Nikon SP Black Paint + Motor Drive S-36

  • Micro-Nikkor 50mm f3.5 Lens Hood

  • Old Delft Minor 35mm f3.5 (L)

  • Hugo Meyer Kino-Plasmat 50mm f1.5 (M改)

  • Leicavit MP Black Paint

  • Nikkor 85mm f2 (S) MIOJ

  • Nikkor 85mm f2 (L) MIOJ

  • Nikkor 50mm f1.1 (S)

  • Leica MP Classic Black Paint

  • Leica MP Hammertone + Summicron-M 35mm f2 ASPH

  • Som Berthiot Flor 75mm f2.8 (L)

    フロール 75mm f2.8。仏SOM Berthiot社のライカ・スクリューマウント用レンズ。4群6枚構成のダブルガウス型。
    Lマウントのベルチオ・レンズはその製造期間の短さに関わらず、真鍮削り出しそのままのプロトタイプから、堂々とした梨地クロームメッキの鏡胴までバラエティに富んでいますが、本品はアルミと真鍮のコンビのタイプ。
    同タイプのデザインには、他にアンギュロール 28mmやフロール 50mm f1.5、90mm f3.5などが存在します。最短撮影距離は1メートル。距離計連動。ベルチオ独特の淡いブルーのコーティングが施されています。珍品。

  • Nikkor 21mm f4 (S)

    日本光学製の超広角レンズ、ニッコール-O 21mm f4。ニコン Sシリーズ用。1959年の登場です。4群8枚構成。シリアル番号は621xxx。頭の3ケタは捨て番です。
    このニッコール 21mm、ニコン F用は個体数も多く流通していますが、このニコンS用は製造本数が非常に少なく、わずか298本のみの製造と言われています。距離表記はmeter。
    専用ファインダーは元箱付き。5群5枚構成。シリアル番号は600xxx。プラスチック製で軽量です。専用の深底リヤキャップも付属しており、ファインダーを固定するためのマウントが付いています。珍品。

  • Leitz Lens Hood FISON Black

    エルマー 50mm用レンズフード、FISONの黒バージョン。A36サイズ。
    本品は珍しいオールアルミにブラックペイント。レンズに装着する部分の板バネもアルミ製です。重量は約9gと非常に軽量です。留めネジはクローム。
    Elmar 5cm等の刻印は彫りに白ペイント。珍品。

  • Leica M Monochrom Leitz Park

    初代ライカMモノクローム・ライツパーク。2014年発売、100台限定。製品コードは10778。ウェツラーのライツパーク新社屋オープンに合わせて登場した限定モデル。
    初代ライカMMはモノクロ専用CCDセンサーを採用。写真界に衝撃を与えた一台です。デジタル時代の銘機と言えるでしょう。今なおCMOSセンサーよりCCDを好む方も少なくありません。当店でも実写テスト機やスタッフの愛機として活躍していました。
    CCDのMモノクロームの描写は、やはり唯一無二の世界。圧倒的な階調の豊かさ、滑らかさ、柔らかさを活かした撮影には心が躍ります。
    CCDは剥離トラブル対策品に交換済み。安心してお使いいただけます。
    販売準備中に店頭にて売約済みとなりました。

  • Leica A

    製造番号18xxx。1929年製造の近接旧エルマー付ライカ A型。
    1913年にオスカー・バルバックが製作した3台のUrライカ、その後の31台のライカ 0(ヌル)型などの試作品を経て、1925年についに市場へと登場。世界中から賞賛を浴びた、記念すべきライカの初号機。ライツの製品コードは堂々たるLEICA。
    本品は著名ライカコレクター、ポール・ヘンリー・ハスブロック氏(Paul-Henry Van Hasbroek)の著書、「Leica in Colour (邦題:ライカ図鑑)」に掲載されているライカ A型セットそのもの。日、英語版共に22ページに掲載されています。
    A型ボディ、距離計共に距離表記はfeet。通常のシャッターレリーズ。近接エルマーの最短撮影距離は1.5feet。
    ライカ A型旧エルマー付としては後の方のモデルですが、付属品も揃ってコンディションも良好、コレクションの華ともなる一台でしょう。

  • Leica M3 Early

    ライカ M3初期モデル。製造番号は7001xx。M3発売初年度の1954年製。
    本品は段付きではありませんが(段付きと段無しはM3の1桁シリアルから混在します)、各部に初期型の特徴を残すオリジナル・コンディション。
    マウント12時位置のネジ無し、ASA200のバックドアやピンクがかったインジゲーター、初期の特徴を持ったバックドア裏、段付きやプロトとも共通するシャシーのデザイン、アクセサリーシューのクローム半月ストッパー(ステンレスも混在)、巻戻し軸中心部がワンドット(マイナスも混在)、三脚穴の形状などなど、見どころ、チェックポイントもタップリな一台。

    ライカ A型再初期と共に、M3初期は探究すればするほど、知れば知るほど面白い、実に奥深いライカです。

  • Leica IIIf Early

    最初期のライカ IIIf。ライツのコード名はLOOHN。
    ライカ IIIfは、1950年にシリアルナンバー#525001からスタートしますが、本品は304台目のIIIf。シリアル番号は#525304。

    後のIIIfと一見同じに見えますが、細かく見ていくと多くのポイントが異なります。お持ちのIIIfと比べてみましょう!

    ・IIIfを特徴付けるシンクロガイドのツメの形状が、後のIIIfと異なりフラット、いわゆる平爪です。海外ではブラックダイヤルならぬフラットダイヤルを呼ばれます笑
    ・シリアルナンバーが「Nr.」では無く、前モデルのIIIcやIIIdまでと同じく「No.」表記、「Germany」刻印も旧字体。何となくクラシカル。
    ・ファインダーアイピースがプラスチック製では無く、IIIcまでと同じく真鍮にブラックペイント。何となくクラシカル。
    ・ボディの梨地メッキが後のIIIfと比較してややシャイニー、光沢感が強い。これまた何となくクラシカル。
    ・巻戻しA-RレバーのA側に、ストッパーピンが無い。
    ・底蓋のフィルムガイドが無い(ガイド有の底蓋は入らず)。結構な重要ポイント。
    ・巻き上げのASAインジゲーターが、「ASA-DIN」では無く、「ASA-WESTON」表記。
    ・OHを行った修理業者さんによると、シャッターダイヤルの構造や、前板の留めネジの数が通常のIIIfと異なるとの事でした。

    細かくチェックするとまだまだ出て来そうです。撮って楽し、調べて愉しの一台。コレクションにどうぞ!
    珍品。

  • Contax IIa + Sonnar 50mm f1.5

    西独シュツットガルト製のコンタックス IIa。1950〜61年の製造です。ツァイスの製品コードは563/24。
    本品はコンタックス IIa前期型。シャッター速度が黒のみで表記されており、ブラックダイヤルとも呼ばれます。IIa前期型は1950〜54年の製造です。ヘリコイドはfeet表記。
    後玉が飛び出している戦前ビオゴン35mm f2.8は使えませんが、他の数多くのレンジファインダー・コンタックス用レンズ群を楽しめる、魅力的な一台です。付属レンズはCarl Zeiss銘のゾナー 50mm f1.5。
    本品はボディ正面向かって左、距離調節ダイヤルの下に「ZEISS IKON」のロゴのある稀少モデル。1926年のZEISS IKON社設立から25周年を記念し、1951年に発売されました。やや稀少。

  • Leica B Compur Dial Set

    珍品、ライカ B型。前期モデルの旧コンパー付、通称ダイヤルセット。
    本品はシリアル6000番台の1928年製、5986〜6272の3rdロットのうちの1台。レンズの距離指標はメートル。

    ライカ B型は、1941年までに新・旧コンパー合わせて1700台程度(うち旧コンパー付はわずか638台!)が生産されましたが、DII登場の1932年以降はほとんど売れなかったようです。実際に操作をしてみるとその使い難さがよく分かります。売れなかった理由も良〜く分かります笑
    旧コンパーシャッターは、1秒〜1/300、B(D)、T(Z)を装備。真ん中に鎮座するクルリと可愛いレンズの周囲には、ちゃんとエルマー銘が刻印されています。
    フィルムロック解除ボタンはエクボレリーズ(最初期のB型はマッシュルームレリーズ)。巻上げと巻戻しノブは背が低く、ローレットの刻みの目が細かなタイプ。底蓋のロックはカンヌキと、ライカA型初期とも近いつくりです。
    旧コンパーに付くレバーやダイヤルなどパーツ1つ1つが古式ゆかしく、どことなくユーモラスで、触れていると思わず笑みがこぼれます。

    底蓋には「PABLO FERRANDO MONTEVIDEO」の真鍮プレートが貼られています。
    「Pablo Ferrando」は、南米ウルグアイの首都・モンテビデオにあったライカの正規代理店で、ライカマニアには良く知られているアルゼンチンとブラジルのライカ正規代理店、「Lutz Ferrando」の従兄弟だったそうです。
    さほど重要では無いこのマメ知識、以前アルゼンチンのコレクターさんから聞きました。
    戦前の稀少ライカは、ドイツとも関係が深かったアルゼンチンから出て来る事も多いですが、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスとモンテビデオは距離も近く、それぞれのライカ代理店は従兄弟同士。往時はこの2都市間で現在ではレアなライカがかなり流通した事もあったのでしょうか。地球の反対側の地図を眺めながら、何ともロマンが広がります。

  • Nikon F Early + Nikkor 50mm f2

    ニコン F、ロクヨンマルマルと、ニッコール-S 50mm f2の最初期セット。
    ニコン Fの製造番号は6400964、一部の空冷ポルシェ好きには響くシリアルナンバー。
    初期1000台ほどのニコン Fボディは一般には市販されず、報道機関や写真家に供給されたと言われ、本品もそのうちの一台かも知れません。チタンシャッター幕。シンクロ接点は後のD型にアップグレードされています。ファインダー取り付けピンは三角のタイプ。
    チックマーク付のニッコール-S オート 50mm f2の製造番号は520333。このレンズは520101からスタートしており、本品は232番目のレンズと言う事になります。またヘリコイドの距離表記は、やや少ないメートル表記。
    ボディ、レンズ共にマッチングした稀少なセット。コレクションに。

  • Leica M3 Black Paint

    1965年11月に出荷されたライカ M3ブラックペイント。製造番号は113万台。M3シングルストロークの後期型の黒塗り仕様。グッタペルカも含め、フルオリジナルを保った一台。
    指の触れる部分の真鍮が自然に出ており、適度な使用感。巻き上げレバーやシャッターカラー付近のアブクも見どころ、実に精悍な雰囲気です。
    ボディキャップ、元箱付。元箱はかなり使い込まれた物です。

  • Canon SII + Serenar 50mm f3.5

    精機光学工業製(現キヤノン)。キヤノン SII型。SEIKI-KOGAKU TOKYO銘。1946年10月〜1949年6月の製造です。
    ちなみに1947年9月にキヤノンカメラ株式会社と社名変更されたので、CANON CAMERA COMPANY LTD.刻印のSII型もあります。合計約7500台生産されました。
    戦後初の本格的な新型機として登場。J戦後型に距離計とスローシャッターを装備したモデル。一眼式距離計内蔵ファインダー、ライカLマウントを装備。底蓋には、MADE IN OCCUPIED JAPANの刻印有。

    本品の製造番号は16xxx。砂型鋳造ボディ。見れば見るほど手作り感を感じます。製造番号17000以降はダイカスト製造となり、レンズマウントもライカと共通の1インチ26山となります。ハンザキヤノンから続く試行錯誤の日々が見て取れる、キャノン創生期の歴史の証人的カメラ。

    付属のレンズは、戦後型SII用として1946年に発売された、キヤノン銘のセレナー 5cm f3.5。3群4枚のテッサー型。feet表記。当時はセレナ 5cm f2や、ニッコール 50mm f3.5付も販売されていました。本品はシンクロ接点が装備されています。
    (参考:I.C.S.輸入カメラ協会発行:国産レンジファインダーカメラ&交換レンズ特集)

  • Biotar 40mm f2 (Contax) Black

    稀少、ビオター 40mm f2の黒&ニッケルバージョン。1933年、コンタックス I型の時代に黒バージョンが少数製造され、1936年頃からはクロームメッキ仕様も製造されました。とある情報によると、この40mm表記のビオターは、黒・白合わせても360本しか製造されなかったそうです。そうそう見掛けない訳ですね。
    Hartmut Thiele氏のCarl Zeiss Jenaレンズ製造番号表によると、本品は製造初年度の1933年に出荷された一本。
    このビオター、40mm表記ながら実際の焦点距離は42.5mmだったようで、1937年頃には4 1/4cm (42.5mm)表記へと変更されます。
    レンズ構成は4群6枚、距離表記はmeter。
    黒ビオターをブラコンに載せたその姿は、威風堂々、それはそれは魅惑的な鈍い輝きを放ちます。眺めているだけでもウットリできる一本。
    販売準備中に店頭で売約済となりました。ありがとうございます。

  • Zunow 50mm f1.1 (L) Early

    帝国光学製造のズノー 50ミリ f1.1の初期型。国産大口径レンズ開発競争の口火を切った記念碑的なレンズ。1953年に発表、1954年に発売。浜野道三郎氏の設計です。
    本品はシリアル5000番台。後玉が大きく飛び出した、通称ピンポン玉。
    後玉の出っ張りは強烈、独特の開放描写に手こずり、出っ張った後玉の取扱には細心の注意が必要ですが、独特のオーラさえ感じられレンズマニアには堪らない一本。
    淡いブルーのコーティングが美しい。絞り開放では目がくらむような白いベールのフレアが全面を覆います。少し絞ると大分落ち着き、シャープで解像力の高い描写へと変化してゆきます。
    純正前後キャップと綺麗な革ケースが付属。珍品。

  • Ofunar 50mm f1.9 (Miranda)

    オフナー 5cm f1.9。大船光学製。ミランダ用のスクリューマウント。ミランダ専用の44mmスクリューです。4群7枚構成の変形ダブルガウス型。最短撮影距離は1.5フィート(約45cm)。
    外観やレンズ構成はミランダ用ズノー 5cm f1.9とほぼ同一です。基部のローレット形状が僅かに異なる他は、鏡胴の指標のフォントを含めて一致しています。本品の絞り羽根は10枚。後のミランダT用ズノー 50mm f1.9の絞り羽根は12枚ですので、この点は異なります。
    オールドレンズ研究の名著、35mm判オールドレンズの最高峰 (2)「オールドレンズの診断カルテ 50mm f1.9 と 50mm f1.5」にもオフナーレンズの記載がありますが、本品は掲載されている個体そのものです。
    レンズの設計は、日本光学出身の国友健司氏とされています。帝国光学においてピンポン・ズノーの改良設計(フラット型)を行った技術者の一人としてその名を知られています。
    かなりの珍品です。

  • Zunow 50mm f1.1 (L) Early

    帝国光学製造のズノー 50ミリ f1.1初期型。通称ピンポン玉。シリアル番号は36xx。浜野道三郎氏設計、国産大口径開発競争の先駆けとなった記念碑的な一本。Teikoku Kogaku Japan銘。
    1953年に発表、1954年に発売。発売当時は国内外で大きな話題となったそうです。本品は初期ピンポン玉の中でも更に初期のモデルと思われ、後のピンポン玉とは鏡胴の形状が異なります。
    ズノー初期玉は手作りのようなレンズで、外観デザインやレンズ構成を含め、多くのバリエーションが見られますが、本品は絞り操作リングがヘリコイドのすぐ上にある珍品モデル。通常のズノーの操作感に慣れていると戸惑います。絞り羽根は8枚。

    前玉、飛び出した後玉は共に淡いブルーに輝き、見ているだけでも引き込まれそうな美しさ。鏡胴のデザインや加工も見事です。
    絞り開放では目もくらむような白いベールのフレアが全面を覆います。後のズノー改良型と比較すると、絞り開放付近はかなり甘い描写で周辺の光量も不足しますが、この初期ピンポンはそれを補って余りあるヒストリーと存在感。絞り込めば一気に解像感とコントラストは高まり、後期型と変わらないシャープな描写に。
    初期玉ピンポンの後玉の出っ張りは強烈で、取扱には細心の注意が必要です。
    珍品。

  • Leica M3 Black Paint

    1959年製造、ライカM3ブラックペイントファーストロット。959xxx。

    ライツ社公式記録によると、1stロットは初期型M3をベースに、959401から100台が製造されました。2ndロット以降とのパーツの違いは多々ありますが、黒く塗られた福耳は圧倒的な存在感を放ち、眺める度にため息が出てしまいます。
    また、本個体は以前にも珍品ギャラリーでご紹介した、公式ロット前に特別注文にて少数が製造されたM3黒91xxxxと同様に、ブラックカウンター仕様であることも嬉しいポイント。

    シャッター機構はスプリング式シングルストローク、パーツ構成も見事に整っており全体の雰囲気も見合っています。

    文化財とも言えるこのような個体を後世に残すことは、選ばれたオーナー様の使命であるとも考えられます。末永くオリジナルコンディションを保てるよう、販売前には慎重かつ丁寧に整備させて頂きました。

    お客様のリクエストにより取り扱いさせて頂きました。ありがとうございます。

  • Officine Galileo Ogmar 90mm f4 (L)

    コンドルなどのライカ型カメラやレクタフレックス用レンズで知られる、伊オフィチーネ・ガリレオ製のライカLマウントレンズ、オグマー 90ミリ。3群4枚構成。ライカのエルマー 90mm f4と同じサイズ感で、A36キャップやフィルターが装着可能です。
    イタリア製ライカ・コピー機のガンマ用に製造されたと思われます。エルマー 90mmと同じサイズ感ながら、重量359gのズッシリとした見事なつくり。美しいクロームと黒塗りのツートンの洒脱なデザインは、さすがイタリア製。洒脱なルックスに惚れ惚れ。古今東西の90mm f4スペックのレンズでは一番のカッコ良さでしょう。
    質感高い純正前キャップ付。イタリア本国でも滅多に見掛けない、レアなレンズです。

  • Nikkor 35mm f1.8 (L) Lens Hood

    ライカスクリューマウントのW-ニッコール 35mm f1.8の専用フード。プラスチック製。
    ニコン Sマウントのニッコール 35mm f1.8用フードとはフィルター径が異なり、互換性はありません。
    Lマウントの35mm f1.8レンズ自体も製造本数は少なくなかなか入手困難ですが、このプラ製フードは更にレアで市場で見掛けることは大変珍しいもの。
    四角い形状のプラスチック製。フード内側には黒い別珍が貼られており、丁寧なつくりです。珍品。

  • Angenieux 75mm f3.5 (L) Type Z3

    珍品、仏P. アンジェニュー 75mm f3.5、Type Z3。純正ライカ・スクリューマウント。製造番号は45.xxx。1944年製。
    3群3枚構成のトリプレット。ノンコート。メートル表記。アルミ製の鏡胴はわずか128gと大変軽量です。
    本品はかなり早い時期のZ3で、飴色に褪色したアルマイト仕上げ鏡胴が良い雰囲気。同時代の同じ茶系統色の35mm f3.5 TYPE X1、50mm f1.8 S1、90mm f2.5 Y1を並べて、悦に浸ってみたいですね。

    75ミリという絶妙な焦点距離と、望遠レンズであることを忘れてしまうほどの軽さとコンパクトさが光ります。アンジェニューらしい造形もまた個性的。描写はしっとり穏やか。
    タイプ Z3は、それなりに製造本数はあるのですが、グリスが抜けた状態で使われ、アルミ鏡胴が偏摩耗しヘリコイドはガタガタ、修正不能なほどに偏心している個体がしばしば見られます。故に当店でも仕入れの際に非常に慎重になるアブないレンズです(笑)。
    本品は丁寧な整備により、珍しく距離計連動バッチリです。

  • Leica MP6 Black Paint 0.72

    ライカ MP6 ブラックペイント。本品は何と未開封新品!ファインダー倍率は0.72。10311 。限定400台。
    M6をベースに巻き上げレバー、巻戻しノブをライカM3デザインに変更したクラシカルなデザイン。貼り革も目の粗いタイプ。
    ライカM3ブラックペイントを思い出させる仕上げですが、露出計が内蔵されており使い勝手とデザインを両立しています。
    後年登場し、現行モデルとなっているライカ MPの生みの親となった限定モデルです。

  • RE Auto-Topcor 25mm f3.5 (Exakta) Black

    東京光学製。オート・トプコール 25ミリ f3.5。エキザクタマウント。一般的には白鏡胴のレンズですが、ごく少数ながら黒鏡胴が製造されたようです。あまりにもレア過ぎて、トプコンの専門書籍などの文献資料にも登場しません。
    フィルター内蔵可能な無骨な純正フードも付属。珍品。

  • Topogon 25mm f4 (Contax)

    Carl Zeiss Jena製、コンタックス用トポゴン 25mm。1940年代の終わり頃の製造です。
    ハイペルゴンのメニスカスレンズ設計を基礎とした、対称構造の4群4枚構成。Tコーティング付き。距離計には非連動ですが、絞っての目測撮影も楽しい一本。距離リングの表記はメートルです。
    ゲルツ社で活躍したRichter博士により生み出された超広角レンズは、本来は航空写真が開発目的だった様です。非常にRがキツく小さなガラスで、製造はさぞかし困難を極めたと言われています。製造本数は1000本程度。本品は前期ロットとなります。
    一部装着できないボディやアダプターがあります。適宜お問い合わせください。稀少品。

  • Hologon 15mm f8 (M)

    Carl Zeiss製のライカ Mマウント用レンズ、ホロゴン 15mm f8のフルセット。魚眼ではない画角110度の超高性能超広角レンズ。
    1972〜76年の間に、約350本が製造されたと言われています(500本の説もありますが、過去の販売履歴からそこまでは無いと思われます)。
    ライツのカタログナンバーは11003。フィルター径はE60。特殊形状の中玉を持つ3群3枚構成。絞りはf8の固定。
    直線は直線として描写する素晴らしい性能のレンズですが、周辺光量が大幅に不足するので、付属の専用NDフィルターを装着し補正します。その際のf値はf16となります。
    ちなみに本レンズに先駆けて、1968年にコンタレックス・スーパーをベースにこのホロゴン15mmを搭載した超広角専用機・ホロゴンウルトラワイドが販売されました。
    古今東西、数多あるライカ用レンズの中でもひときわ輝く、宝玉のようなレンズ。前玉や後玉を眺めていると、宇宙空間にでも吸い込まれるような神秘的な美しさで見ていて飽きません。珍品。

  • Leica M3 + Summicron 50mm f2

    著名ライカコレクター、ポール・ヘンリー・ハスブロック(Paul-Henry van Hasbroeck)氏の著書、「LEICA IN COLOUR」の68ページに掲載されている、ライカ M3と固定鏡胴ズミクロンのセットそのものです。
    番号一致の元箱や保証書が付属します。コレクターから出たリアルコレクチブルアイテム。
    ボディの製造番号は110万台、1964年製。レンズは178万台、1960年製。元箱と保証書には、ボディのシリアル番号のみが記載されています。保証書によると、1968年2月にロンドンの高級ショッピング街、Old Bond Streetのカメラ店で購入された1台です。来歴もしっかりしており、由緒正しい極上M3クロームです。

  • Canon 7 Black Paint + Canon 50mm f0.95

    稀少、キヤノン 7 オリジナルブラックペイントと、夢の大口径キヤノン 50mm f0.95のセット。威風堂々たる佇まい。
    1961〜64年に製造され、セレン式連動露出計、ファインダー倍率0.8倍、35/50/85/100/135mmのファインダー枠を内蔵したキヤノン 7は、実用機としても使い易いライカ・コピー機。
    ボディの製造番号と一致した元箱付。元箱記載のようにレンズは当初50mm f1.8が付いていたようですが、本品には堂々たる大口径f0.95レンズと、それを納める速写ケースが付属します。レンズのフィルター径は72mm。
    衝撃的なデビューを果たしたキヤノン 50mm f0.95は、当時その人気に生産が追いつかず、キヤノン 7と50m f1.8のセットなどを購入した方が、優先的に購入出来たとか出来なかったとか(確証はありません)。そんな歴史や推測をも物語る、稀少なセット。
    今回、ボディ、レンズ共にバッチリ整備を行いました。是非とも使い込んで頂きたいセットです。

  • Nikkor 50mm f2 (L)

    日本光学製。ニッコールHC 5cm f2。シリアル番号は捨て番806。Tokyo銘。沈胴式のライカLマウント・レンズ。最大絞り値はf16。feet表記。1946年から49年頃の製造。ニコンI型の時代と重なり、マウントを変えI型にも供給されています。なお、鏡胴には独自のシリアルが振られ、812xxという5ケタ(銘板は6ケタ)がマウント面に刻印されています。
    3群6枚構成のゾナータイプ。コーティング付。真鍮にクロームメッキのつくりの良い鏡胴です。絞り調節リングの外周に4箇所の滑り止めのローレットが刻まれているのが特徴的です(後に全周となります)。
    ニッコール初期のこのレンズ、撮影結果も素晴らしく、試写して楽しいレンズでした。

  • Tele-Superachromat FE 300mm f2.8 T*

    テレ・スーパーアクロマート 300mm f2.8。カールツァイス製の激レアレンズ。ハッセルブラッドのフォーカルプレーン機、205FCC、203FE用。8群9枚構成。最短撮影距離は2.5m。
    専用ケースに誇らしげに納められた、TPP(テレフォト・パワーパック)フルセット。焦点距離を500mmに延長する、アポ・ムター 1.7XEも付属します。
    1999年にシリアル番号9300001からスタート、200本が製造されたと言われています。
    こちらの個体はその136番目の製造品。受注生産されていたようで、当時も2万ドルを超える価格で販売されていました。本品はお客様が2005年に購入された、国内正規品。付属品も全て揃っています。日本語マニュアルが付属します。

  • Summicron 50mm f2 (M) Black Paint

    222万台。1966年製のズミクロン 50mm f2、ブラックペイント。固定鏡胴の後期型、イエロースケール(黄文字)。
    第一世代のブラックペイント・ズミクロンのほぼ最終ロット。この後、端境期にあたる固定鏡胴デザインを踏襲した6枚玉へと移行してゆきます。
    ギリギリM3黒やM2黒の時代ですが、翌1967年に登場するM4ブラックペイント118万台の最初期ペイント辺りと合わせてもキマるでしょう。組み合わせを考えるのも何とも楽しい一本。稀少品。

  • Leica M3 Olive Bundeseigentum

    西ドイツ国防軍用ライカ M3。Bundeseigentum。製造番号110万台。シボの目が細かい後期ロット。1964年に製造番号1100401〜1100450の50台のロットで供給された個体のうちの一台です。各部オリジナルコンディション。
    エルマー 50mmにもBundeseigentum刻印有り。オリーブのセットケース付。珍品。
    店頭にて売約済みとなりました。ありがとうございます。

  • Leica M1 Olive Bundeseigentum

    西ドイツ国防軍用ライカ M1。Bundeseigentum。製造番号109万台。本品は1964年に供給されたモデルで、M1オリーブ後期型・最終ロット。トップカバーはM2タイプ。35mmと50mmのブライトフレームが内蔵されています。M1オリーブの製造台数はわずか208台とされています。
    James L. Lager氏の名著「An Illustrated History Vol.1」に本品と非常に近い製造番号、1098164が掲載されています。
    ボディ背面、及びエルマー 50mm f3.5レンズにはBundeseigentumの刻印有。レンズに刻まれたコントラクトナンバーは、12-121-5419。
    本品はボディ、レンズどちらもオリジナルコンディション、軍モノの雰囲気をタップリと残した一台です。珍品。

  • Nikkor 85mm f1.5 (L)

    ライカスクリューマウント。日本光学製。1951年に登場した大口径中望遠レンズ、ニッコール-S・C 8.5cm f1.5。ブラックペイントとクロームメッキ仕上げ。3群7枚構成。feet表記。
    フィルターは58mmねじ込み。ニコンやコンタックスマウントとは、フィルター径やフードの装着方法が異なりますのでご注意を。
    ニコン用、ライカ用、コンタックス用の3タイプ合わせて約2000本が製造されたと言われています。望遠の大口径ゆえにガラスがタップリと詰まっており、重量は実測で588g。
    絞り開放ではやわらかく穏やかな描写で、ボケもきれい。解像力も素晴らしい。絞り込んでも硬くなりすぎず、シャープな画像を楽しめます。シャープなイメージの現代のニコンレンズとは、また違った描写を楽しめます。

  • Angenieux 75mm f3.5 (L) Type Z3

    1945年製のアンジェニュー 75mm f3.5、Type Z3。純正ライカ・スクリューマウント。製造番号は63.xxx。
    3群3枚構成のトリプレット。ノンコート。メートル表記。アルミ製の鏡胴はわずか128gと大変軽量。望遠レンズであることを忘れてしまう軽さとコンパクトさ。テスト撮影を担当したスタッフもこの点をとても気に入っていました。描写はしっとり穏やかな印象です。
    このアンジェZ3、それなりに製造本数はあるのですが、グリスが抜けた状態で使われ、アルミ鏡胴が偏摩耗しヘリコイドはガタガタ、修正不能なほどに片ボケしている個体が多く、当店では仕入れの際に非常に慎重になるアブないレンズです。本品は珍しく距離計連動バッチリ、ピントも良好です。稀少なレンズの稀少な個体です。

  • Leica M2 Black Paint

    製造番号100万台、1960年7月に出荷されたライカ M2ブラックペイント。セルフタイマー付。適度に使い込まれた、精悍な黒塗りモデルです。グッタペルカを含め、各部のパーツはオリジナル。
    今回の整備でリフレッシュ、作動快調で実用にも好適です。

  • Nikon SP Illuminator

    ニコン SP用距離計ファインダー用イルミネーター。1958年の価格表に最初に登場したようです。製造数は分かっていませんが、かなりの少数と思われます。その中でも完動品はかなりレア。
    暗闇の中でスイッチをONすると、賑やかなSPのファインダーがフワッと浮き出てきて、それはそれは幻想的な光景に。
    ニコンが数多く製造してきたアクセサリーの中でも、ひときわユニークなひと品。珍品。

  • Tanack V3 + Tanar 50mm f1.9

    田中光学工業製のレンズ交換式レンジファインダー機。ライカコピータイプ。
    ライカ M3にインスピレーションを得たと思われる、独自の三爪バヨネットを採用しつつ、自社製のライカスクリューマウントレンズをアダプターを介して装着するという凝った構造をしています。
    1958年12月から1959年と言う、ごくわずかな期間に生産されました。総生産台数は約1000台と言われています。残念ながら田中光学は、この1959年に倒産してしまいます。
    前モデルの珍品タナック SDの基線長60mm一眼式等倍ファインダー、レバー式巻上げ、クランク式巻戻しをを踏襲しており、使い易さは以前のモデルより大きく向上しています。
    裏蓋がヒンジで開閉する構造が引き継がれており、こちらも使い易く好印象。小メーカーながら、独自の工夫が詰め込まれており、意気込みを感じさせるカメラです。ちなみに50mmレンズは大口径f1.5の他、f1.2もごく少数製造されていました。
    標準のタナー 50mm f1.9、広角のWタナー 35mm f3.5、テレ・タナー 100mm f3.5の3本が付属。いずれもライカLマウント、距離計連動です。

  • FOCA Universal RC + Oplarex 50mm f1.9

    光学機器メーカーとして戦前から軍事用機器等を製造していた、フランスのOPL社(Optique et Precision de Levallois)の距離計式カメラ、フォカの最終モデル、フォカ・ユニバーサル RC。通称U.R.C。フォカの最終型にして最上級モデル。シャッター速度はT、B、1〜1/1000。1962〜63年の製造です。
    一見すると巷に溢れるバルナックライカ型カメラですが、レバー式巻上げやバヨネットマウントなど独自の機構を持ち、直線基調のボディデザインも新鮮です。黒とクロームのツートンも実に洒落ています。
    裏蓋はコンタックス等と同様に背蓋全体が外れる方式で、フィルム装填も簡単です。フィルム装填の際にはフィルムガイドを立ち上げ、その下を通すことを忘れずに。
    このURCでは、ユニバーサルRのファインダーを一新し、パララクス補正式の50mmブライトフレームを持つ等倍ファインダーとなりました。
    OPLの大口径銘レンズ、とても綺麗なOplarex 50mm f1.9が付属します。
    純正前キャップ付。稀少品。

  • Nikkor 21mm f4 (S)

    日本光学製の超広角レンズ、ニッコール-O 21mm f4。ニコン Sシリーズ用。1959年の登場です。4群8枚構成。シリアル番号は621xxx。頭の3ケタは捨て番。
    このニッコール 21mm、ニコン F用は個体数も多く流通していますが、このニコンS用は製造本数が非常に少なく、298本の製造と言われています。距離表記はmeter。
    付属の専用ファインダーは5群5枚構成。シリアル番号は600xxx。プラスチック製で軽量です。本来はこのファインダー専用の深底リヤキャップがあり、ファインダーを固定するためのマウントが付いています。珍品。

  • Nikkor 50mm f2 (S) Black

    1952年登場の日本光学製 ニコンSシリーズ用標準レンズ、ニッコール-H 50mm f2。ニコンS 内爪マウント。3群6枚構成。製造番号は7550xx。
    通常ニッコール 50mm f2には、40.5mmのフィルターリムが付いていますが、本品にはそれがありません。重量は129g。
    世界的ニコンコレクター、ロバート J. ロトローニ氏の名著、「The Complete Nikon Rangefinde System」には、Rim-Less 50mm f/2 Nikkorとして記載がありますが、なぜリム無しのレンズが少数存在するのかという点については、謎に包まれているとされています。珍品。

  • Nikkor 35mm f1.8 (S) Black Paint

    W-ニッコール 35mm f1.8、ニコン Sシリーズ用。本品は最初期にごく少数が製造された、稀少ブラックペイント・バージョン。日本光学の1956年度新製品発表で紹介されているニッコール 35mm f1.8は、正にこの黒リムでした。
    ニコン Sマウントのニッコール 35mmの絞りリングは、通常クロームメッキですが、本品はブラックペイント。 それだけの違いですが、見た目の印象は大きく変わり、グッと精悍な雰囲気。ニコン S2やS3、SPのブラックペイントにさぞかし似合うことでしょう。
    レンズ構成は5群7枚、距離表記はfeet。1956年9月発売。当時、世界で最も明るい広角レンズでした。フィルター径は43mm。
    シリアル番号から察するに、35mm f1.8 ブラックペイントの製造本数は多くとも80本程度と思われ、市場に出てくる機会はかなり少ないです。珍品。

  • Nikon SP Black Paint + Motor Drive S-36

    ニコン SPブラックペイントの初期に、S-36初期モータードライブ、小判型バッテリーケースのセット。
    SPボディのシリアルは62024xx、S36モータードライブは942xx。布幕シャッター。
    小判型バッテリーケースは接点が2個の後期タイプ。無印の接点が普通撮影用、Rはリモート撮影用です。単3電池6本を収納。この小判型バッテリーケースは、S2E型及びSP型用モータードライブのごく初期に付属したそうで、数はかなり少ないようです。
    ボディ、モードラ、バッテリーパック共に非常に良いコンディション。こんな見事なセット、まず出て来ません!珍品。

  • Micro-Nikkor 50mm f3.5 Lens Hood

    珍品、マイクロ・ニッコール 50mm f3.5専用フード。ニコン S、ライカ Lマウント、両方に装着出来ます。
    非常に大柄なフードですが、フード効果は抜群。また、装着するとライツの引き伸ばしフードVALOOや、当店のエルマー 50mm用FB-07フードなどと同じく、レンズの絞りをフード部から操作することができる楽しいアクセサリー。
    珍品。

  • Old Delft Minor 35mm f3.5 (L)

    オランダ、オールド・デルフト社製のちっちゃなライカ・スクリューマウント広角レンズ。3群4枚構成のテッサータイプ。m表記。重量は128g。真鍮にクロームメッキが施され、小振りながら、重量感のあるレンズ。1946年頃から発売されたそうです。
    ミノールはコーティング無しの個体が殆どですが、本品はコーティング有。なかなかシャープで繊細、しっとりとした良い描写です。Old Delft社のライカLマウントには、他にDelfar 90mm f4.5等がありますが、どれもレアな事で知られています。

  • Hugo Meyer Kino-Plasmat 50mm f1.5 (M改)

    Hugo Meyer社製のキノ・プラズマート 50mm f1.5。GoerlitzとNew Yorkの刻印。プラズマットは、アナスティグマートやプラナー、テッサーなど名だたる銘玉を世に出した、パウル・ルドルフ博士設計による銘レンズ。
    本品の製造番号は29xxxx。1925年頃の製造でしょうか。鏡胴はブラック&ニッケル。4群6枚ながら、レンズ中心に凸レンズが向かう独自の構成です。その独特の描写で昔から大変人気があります。
    本品は映画用と思われるレンズヘッドを、ライカ・スクリューマウント用に改造した一本。
    20年以上も前に当店にて販売した個体ですが、長らくお持ちだったお客様がお譲りくださいました。その当時でもかなりレアなレンズだったことから、販売時の記憶も朧気に残っており、実に嬉しい再会です!
    現在から見れば今ひとつな改造でしたので、今回OHと共にイチから再改造して頂き、描写や連動性能、デザイン共に素晴らしい一本に仕立て上がりました。純正フード、イエローフィルター、元箱付。

  • Leicavit MP Black Paint

    ライカビット MP ブラックペイント。ライツのコードはSYOOM-M、SMYOM。または14018。
    ライカ M2、M1、MD、そしてライカ MPに装着可能なフィルム巻上げ装置、ライカビット。本品はレアなオリジナル・ブラックペイント。
    背面の刻印が3列表記の前期モデル。ライカ M2ブラックペイントなどに装着した姿には毎度ウットリ。

  • Nikkor 85mm f2 (S) MIOJ

    ニッコール-P.C 8.5cm f2、ニコンSマウントの初期型。シリアル番号903xxx。6桁シリアル。本品は最初期801のシリーズに続く、第二ロットの捨て番903シリーズ。製造は1949年か1950年頃と思われます。
    連合国軍占領下の日本で製造されており、Made In Occupied Japan(占領下の日本)の刻印入り(通称 MIOJ)。こちらの個体はレンズ鏡胴に加えて、フロントキャップにもMIOJの刻印がされています。目立たぬ位置に小さく小さく刻印されたこの文字列から、当時製造に携わった方々の心情が伝わってくるような気がします。
    レンズの設計は3群5枚構成のゾナー型。feet表記。D.D.ダンカン氏が朝鮮戦争で使用し絶賛を得た銘レンズ。日本製レンズの優秀さを世界に広めた立役者とも呼ぶべき存在。この時代から日本製のカメラやレンズの性能が飛躍的に向上、やがて世界を席巻します。
    純正フード、フードキャップ、後キャップ、革ケースが付属します。ベークライト前キャップはかぶせタイプ。コレクションにもどうぞ。
    稀少品。

  • Nikkor 85mm f2 (L) MIOJ

    ニッコール-P.C 8.5cm f2、ライカ・スクリューマウントの初期型。シリアル番号903xx。本品は最初期801のシリーズに続く、第二ロットの捨て番903シリーズ。番号から推測するにその81番目の個体と思われます。製造は1949年頃。
    連合国軍占領下の日本での製造で、Made In Occupied Japan(占領下の日本)の刻印入り(通称 MIOJ)。こちらの個体はレンズ鏡胴に加えて、フロントキャップと金属製のリヤキャップにもMIOJの刻印がされています。目立たぬ位置に小さく小さく刻印されたこの文字列から、当時製造に携わった方々の心情が伝わってくるような気がします。
    レンズの設計は3群5枚構成のゾナー型。feet表記。D.D.ダンカン氏が朝鮮戦争で使用し絶賛を得た高名なレンズ。日本製レンズの優秀さを世界に広めた立役者とも呼ぶべき存在です。
    純正フード、フードキャップ、後キャップ、革ケースが付属します。ベークライト前キャップはかぶせタイプ。コレクションに相応しい一本です。珍品。

  • Nikkor 50mm f1.1 (S)

    1956年に発売されたニコン Sシリーズ用の超大口径レンズ、ニッコール-N 50mm f1.1。6群9枚構成。フィルターサイズは62mm。写真用のニッコールとしては、Fマウントの物を含めて最大口径のレンズです。
    ズノー 50mm f1.1、フジノン 50mm f1.2、ヘキサノン 60mm f1.2、キヤノン 50mm f1.2等の戦後の大口径競争に対する日本光学の回答。
    本品は内バヨネットタイプ。内爪、海外ではInternal Mountとも呼ばれます。1959年には外バヨネットタイプに移行します。
    内爪、外爪合わせて僅か835本の製造。ちなみにライカ Lマウントは211本製造されました。
    絞り開放付近ではフワリとした柔らかい写りですが、f1.3程度から安定した描写へと大きく変化します。

  • Leica MP Classic Black Paint

    ライカ MPクラシック ブラックペイント。1st固定鏡胴をオマージュした専用ズミクロン 50mm f2付。2004年、香港シュミット企画の限定モデルとして500台が販売されました。新品定価は税込み93.8万円。
    現行ライカ MPをベースとしていますが、露出計を省いたM-A(Typ127)の元祖とも呼べるでしょう。オリジナルMPやM3時代と同じ筆記体の「Leica」ロゴが彫られており、初代MPの雰囲気を再現しています。
    稀少品。

  • Leica MP Hammertone + Summicron-M 35mm f2 ASPH

    10314。ライカ MP ハンマートーン。LHSA35周年記念モデル。1000台限定。独特の凹凸感のあるハンマートーン仕上げにクロームのレンズを合わせた個性的な出で立ちです。
    付属のレンズはクローム仕上げのズミクロン-M 35mm f2 ASPH。専用ハンマートーン仕上げの真鍮製フード付。
    専用ハンマートン仕上げのライカビットも併売されていました。
    コレクションにも。