トップの1枚を含めカワサキW3の撮影では僅かに絞っています。

↓ここから先は絞り開放です。念のため付言しますが、ガラスはオリジナル状態です。

↓絞り開放です。距離例連動もピシャリ。立体感がいい、というか、スゴいです。

↓暗部と明部のコントラストもしっかりと出ています。ダブルガウスらしい後ボケです。

↓ここまで解像するズマールはそうそうありません。もちろん絞り開放です。

↓アンダーですが、暗部の存在感の強さがしっかりと出ています。

↓f2開放。ここまで写るとは思いませんでした。ライカM240での撮影です。アスパラガスではありません。

↓F2開放にて。こういう撮り方をするとハイライトが滲んでしまう場合がありますが、それもみられません。

↓少し絞ってキリッと引き締まりました。残る周辺落ちが良い味わいですね。