Loading...

【フラッシュバック謹製レンズフード FB-07 エルマー 50mm f3.5用】

「絞り操作ができてカッコいい、エルマー用フードがあったら」
 
ライカ&エルマー・ユーザーなら一度は思う、そんなリクエストにお応えしました!
 
Elmar 50mm f3.5。
1924年から今日まで、100年近くにわたって製造され、ライカの名声を築いた銘玉中の銘玉。
 
しかしこの銘玉には、使いやすくデザインも良いレンズフードがなかなかありません。
 
純正のFISONフードは、指先での絞り操作が煩わしく、
うっかりガラスにも触れてしまいそう。
 
引き伸ばし用フードVALOOは、フード効果抜群で絞り操作もしやすいけれど、重たい上に見た目がどうにも野暮ったい。
 
FISONに挟み込む絞りリング、VOOLAは毎度フードのネジを緩めるのがこれまた面倒くさい。
 
英国のCooke&Perkinsは、絞り操作可能なスタイリッシュなアルミ製フードを製造していたけれど、こちらは激レア。
 
世のエルマー使いは数知れず。
しかし、そのフードとなるとこれまで決定打はありませんでした。
 
ならば、良いとこ取りで作ってみますか!
と、意気揚々とスタートしたのが、今回のエルマーフード・プロジェクト。
 
 
しかし、その考えは甘かったとすぐに悟ります。
 
なにがしレリーズでもお世話になった山崎義樹さんとも意気投合、数種のエルマーから割り出した寸法を元に図面を引いてもらい、
出来上がった試作品を装着。
 
「回転するはずのフード部が動か〜ん!」
「絞りツマミにツメが掛からない….」
「大きすぎる、重すぎる...」
 
ごく僅かな寸法の差で、フードが外れやすくなったり、絞りが動かせなかったり。
 
A36エルマーが製造年代によって、銘板の外径、最小絞り値、絞りツマミの可動角、幅や高さなどが異なるのは知ってはいたけれど、まさかここまで違うとは…。
 
 
開発担当のスタッフ Mと共に、目の前真っ暗。
一度は計画も頓挫します。
 
そして、あれだけ膨大なライカ用アクセサリーを揃えていたライツや他メーカーが、
絞り操作可能なフードを何ゆえに発売しなかった理由を思い知らされます。
 
しかしながら、日々一筋縄ではいかないアイテムとお客さん(失礼!)を相手にしているフラッシュバックのスタッフ、
そうたやすくは諦めません。
中でもイバラキ出身のスタッフM(中望遠地位向上委員長)は、愛してやまない納豆の神様が乗り移ったかのように、実に粘り強く問題と対峙し、解決策を探ります。
 
また、エルマーのヘビーユーザー、修理業者さんからも得られた貴重なアドバイスやひらめきから、
設計や工作過程を細かく見直します。
徐々に徐々に、道は開けてゆきます。
 
 
 
試作フードが出来る度に、ライカA型旧エルマー付から赤エルマーまで、歴代モデルを引っ張り出しては机上に並べ、
テスト、テストを繰り返します。
各時代ごとに複数のサンプルを用意し、時代差と個体差をみながら適合具合を確認していく地道な作業。
そして、ようやく全てのモデルに適合するサイズを割り出しました。
 
多くの方々のご協力を得て、ついに完成へと辿り着いたエルマー用レンズフード FB-07。
フラッシュバック カメラ、渾身のアイテムです。
 
世のエルマーLOVER、そしてライカを愛する方々の新しいスタンダードとなる事を願ってやみません。


会員登録
WORLD WIDE FREE SHIPPNG 全国どこへでも送料無料 全球免費送貨
WE BUY RARE ITEMS!